オールインワンゲル 注目成分 セラミド

オールインワンゲルの注目成分 | セラミド

最近化粧品の成分として人気があるセラミドですが、年齢肌のケアに必要な有効成分として話題になります。肌には良さそうだけれど実際にはどんな効果があるのでしょうか。セラミドの特徴についてご紹介したいと思います。

 

セラミドって何?

セラミドは角質層のなかでスポンジのように水分や油分を溜め込む働きをしています。

 

セラミドは年齢ととも減少する成分の一つで、さらに生活環境によっても減少してしまいます。セラミドが不足した肌は乾燥しやすく、肌の弾力もない状態です。細胞間の脂質の約半分がセラミドが占めているため、肌の潤いを維持するためには大切な成分なのです。

 

減ってしまったセラミドを補う為には十分に配合量を含んだオールインワンゲルを使うことが効果的です。
ゲルタイプの為肌に浸透しやすく水分保持力も高い事がメリットです。

 

敏感肌にはセラミドが必要

敏感肌の特徴はバリア機能が衰えていることです。外部の刺激をダイレクトに受けてしまうことで、さらに肌にダメージがあるのです。

 

敏感肌は老化を進行させる原因でもありますので、バリア機能を回復することがまずスキンケアの基本になります。

 

セラミドにはバリア機能を活発にする働きがあり、水分をたっぷり溜め込む効果がある為、敏感肌特有の乾燥肌を改善できるのです。敏感肌のようなトラブルが多い肌は、肌質改善としてもセラミドを配合した基礎化粧品を使うことをオススメします。

 

バリア機能を維持する為には、不足する保湿成分を補う事が大切です。

 

セラミドとコラーゲンの関係

セラミドとコラーゲンは保湿成分として化粧品に多く使用されています。
この二つの成分には実は大切な関係があるのです。セラミドにはコラーゲンを安定化する働きがある為に、二つの成分を同時に肌に与える事で、さらに保湿効果を引き出す事ができます。

 

そしてセラミドには美白作用もある為、紫外線によるメラニン色素の働きを抑える作用もあるのです。

 

人気のオールインワンゲルを選ぶときには、このように保湿成分の組み合わせによって効果が異なるため、肌の乾燥ケアにポイントをおく場合にはセラミドとコラーゲンがキーポイントになります。

関連ページ

コラーゲン
オールインワンゲルを選ぶ際に大切なチェックポイントは配合成分です。30代を過ぎると敏感になりやすい肌には、コラーゲン配合のオールインワンゲルがオススメです。注目成分のコラーゲンにはどのような働きがあるのでしょうか。早速チェックしてみましょう。
ヒアルロン酸
化粧品やサプリメントでも注目の成分ヒアルロン酸ですが、年齢ごとに徐々に減少しています。ヒアルロン酸が不足してしまうと肌の老化が進行し、若さが失われてしまいます。そこでコラーゲンとは一体どんな成分なのが、特徴についてご紹介します。
エラスチン
美容成分の一つエラスチンは、肌を柔軟にする効果がある注目成分の一つです。オールインワンゲルを選ぶ際にはぜひチェックしたい成分の一つです。あまり馴染みがない方も多いと思いますが、エラスチンにはどのような効果があるのか、早速ご紹介したいと思います。