オールインワンゲル おすすめ デメリット

オールインワンゲルのデメリットはあるのか?

 

乾燥肌には1本だけでは無理?

忙しい女性のスキンケアのお手伝いとして、オールインワンゲルが大活躍しています。肌の負担を抑えたスキンケアをすることや、手軽に使えることなど、メリットだらけのようにも思いますが、実は注意をしたいデメリットもあるのです。

 

オールインワンゲルはほかの化粧品と同様に、決して使う人が全て効果を感じる完璧なものではありません。

 

特に肌のタイプによっては効果をあまり実感できないこともあるのです。

 

乾燥肌や敏感肌対策として保湿がとても重要です。オールインワンゲルでは、それなりの効果しかないこともありますので、ほかの保湿化粧品と併用する必要がある場合もあります。

 

肌の状態に合わせて使えない点

女性の肌は常にコンディションが変わっています。ホルモンのバランスは特に肌に影響しています。

 

生活習慣によっても肌荒れを起こす場合もありますし、気になるニキビやふきでものが目立って悩んでいる人もいます。

 

オールインワンゲルを使用していると、このような肌のトラブルが起きた場合に、使い方を変えることが出来ないという点がデメリットになります。

 

肌をさっぱりさせたいときには化粧水だけ、目元の乾燥には美容液など、ポイントごとに使うことも出来ません。

 

そのため、オールインワンゲルだけでは完全なスキンケアができないという難点もあるのです。

 

独特な使用感があること

オールインワンゲルは、簡単にできるスキンケアが一番の特徴です。洗顔後、オールインワンゲルを肌につけるだけで、メイクの下地まで完了できるのです。

 

そのため、なかにはテクスチャーが独特なものがあり、ゲルタイプでも肌にべったりと付く物があります。体温で溶かしながら使うものなど、それぞれのテクスチャーには使い方や目的も異なります。

 

オールインワンゲルのそれぞれの使い方をよく理解して、自分で使いやすいタイプを選ぶことが必要です。特に忙しい朝のスキンケアには、すっと肌に浸透できるものが便利ですよね。

 

使用感は化粧品にとって大切なポイントです。お試しを使ったり、口コミなどを参考にしてみましょう。

関連ページ

人気オールインワンゲルの特徴について
簡単なお肌のお手入れにはオールインワンゲルがとても人気があります。有名ブランドからも販売されているオールインワンゲル。なぜこれほど人気があるのか、その最大の理由は、1つで何役もこなす多機能化粧品であることです。
オールインワンゲルの使い方のコツ
簡単に使えるオールインワンゲルも、使い方を工夫をすることでさらに美肌効果もアップします。潤い不足を感じた時には、オールインワンゲルをパック代わりにしたり、乾燥が気になる目元などは重ね塗りをするなど、ちょっとした工夫をしてみましょう。
使い心地の良いテクスチャーで美肌ケア
オールインワンゲルには様々なテクスチャーのものがあります。軟らかいものや、硬いタイプなど、それぞれ使い心地も異なります。メイクの下地としては、すっと肌に馴染むタイプが人気がありますので、使う目的によってテクスチャーを選ぶことも必要ですね。