オールインワンゲル おすすめ 使い方 コツ

オールインワンゲルの使い方のコツ

乾燥肌の場合には重ね塗りがポイント

簡単に使えるオールインワンゲルも、使い方を工夫をすることでさらに美肌効果もアップします。

 

1つだけでは十分な保湿効果がないと感じる場合もありますが、乾燥肌の方は特にオールインワンゲルの保湿効果が気になりますよね。

 

潤い不足を感じた時には、オールインワンゲルをパック代わりにしたり、乾燥が気になる目元などは重ね塗りをするなど、ちょっとした工夫をしてみましょう。

 

それでも乾燥が気になるときには、化粧水と併用するなどオールインワンゲルを乳液として使うこともできます。ほかの化粧品との相性も気になりますが、刺激の少ないものを使うことをまずは意識してみましょう。

 

年齢肌はポイントごとにケアを!

アンチエイジングケアとして使うオールインワンゲルには、シワやシミのケア、そして肌のハリを回復するなどの効果があります。

 

しかしほかの化粧品と同様に、使ってすぐに効果があるものではありません。とくに年齢の気になる肌には、時間をかけて継続使用する事が大切です。

 

年齢肌で気になるのが、シワとたるみですよね。

 

気になる部分には美容液を併用して、さらに効果的にアンチエイジングをする事も出来ます。1本で多機能であるオールインワンゲルですが、効果不足を感じる事も商品によってはあるのです。

 

そのため、1本だけに頼らずに、効果的にできるスキンケアアイテムと併用する事はとても大切です。

 

季節ごとにオールインワンゲルを使い分けること

オールインワンゲルは、季節を通して使い分ける事が必要です。

 

乾燥が激しい冬の季節は、保湿効果の高いものを使うこと、そして汗をかく夏は、さっぱりした使用感があるものなど、スキンケアもそれぞれの効果を念頭において、季節ごとに使い分けてみましょう。

 

女性の肌は様々な事が要因となり、肌の状態は常に変化しています。

 

年齢を重ねるごとに肌も敏感になりやすい為に、常に自分の肌の状態に合わせたオールインワンゲルを使うことが大切です。そして健康な肌を保つためにも、不足している栄養分を補い、肌のターンオーバーを活性化することが重要です。

関連ページ

人気オールインワンゲルの特徴について
簡単なお肌のお手入れにはオールインワンゲルがとても人気があります。有名ブランドからも販売されているオールインワンゲル。なぜこれほど人気があるのか、その最大の理由は、1つで何役もこなす多機能化粧品であることです。
オールインワンゲルのデメリットはあるのか?
忙しい女性のスキンケアのお手伝いとして、オールインワンゲルが大活躍しています。肌の負担を抑えたスキンケアをすることや、手軽に使えることなど、メリットだらけのようにも思いますが、実は注意をしたいデメリットもあるのです。
使い心地の良いテクスチャーで美肌ケア
オールインワンゲルには様々なテクスチャーのものがあります。軟らかいものや、硬いタイプなど、それぞれ使い心地も異なります。メイクの下地としては、すっと肌に馴染むタイプが人気がありますので、使う目的によってテクスチャーを選ぶことも必要ですね。